真実を聞いたあと

今現在の話をした。

家がなくなる、支払いもされていない、連絡も取れない。

「アイツはどれが本当かわからんなぁ」

いや、今が本当じゃ。

「生活費はやりよるって言いよったけん、そっから住宅ローン払ってるんやないの?」

払うわけないやん。

払うならもっともらわなやってられんよ。

そもそもわたしとしては、わたしの意思で別居をしているわけではないので、生活費を減らすとは考えれなかった。

わたしの意思でしていることなら、わたしが我慢するのはわかる話だし筋を通すけど、彼の意思で彼が悪くてこうなっているのに、わたしたちが我慢する意味がわからなかった。

だからこそ、彼に早くこれからを決めてほしいと伝えていた。

払いたくないなら離婚すればいいのだから。

お義母さんたちもわたしがもらいすぎていると感じていたみたいだ。

だけど、こっちから言わせてもらえれば。

慰謝料とも思っている。

今現在、慰謝料も払うつもりもサラサラないみたいだし。

家も残らないなら、財産分与もないだろ。

てことは、生活費多めにもらって慰謝料をもらいたい。

もうここまでくるとお金しかないのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする